安全管理施策

(1)運行管理

① 完全点呼による安全運行の確立とデータによる運行指導
a. 24時間点呼の完全実地
・現在実施している24時間の完全点呼により、従業員の体調管理や飲酒の有無の確認を確実に行い、安全・安定した運行管理体制の確立を行います。
・点呼執行所に自社・他社の様々な事故情報を掲示し、事故に対するさらなる安全意識の向上を行います。
b.デジタルタコグラフによる教育・指導
・デジタルタコグラフによる資料を用いてスピード超過・休憩・休息等を細かく分析し、従業員に分かりやすく教育・指導を実施し、安全運行の確立を行います。
c.ドライブレコーダーによる教育・指導
・ドライブレコーダーの画像で危険運転行為の確認をし、個別で安全運転の指導をするとともにヒヤリ・ハット運転等の画像を用いて安全運転の教育を行います。
d.適性診断書による指導
・乗務員自身の性格を自覚してもらう為、適性診断書を用いて個別に指導し、日々の安全運転に役立て『事故ゼロ』を目標に安全管理を行います。
e.安全優良事業所認定(Gマーク)の活用
・安全優良事業所認定を受け、事業所や車輌等に認定ステッカーを貼ることにより全社員に安全意識を周知徹底させ、安全意識を高めます。

② 意識向上を目的とした表彰制度
a.班別無事故運動による表彰制度
・『車輌事故・交通違反ゼロ』を目標に掲げ、班別無事故運動の一年の活動、無事故の有無により班別に表彰を行い、社員一人一人の安全意識の向上を図ります。
b.SDカードによる優良運転手表彰制度
・SDカードの申請を行い無事故・無違反を達成した社員に、表彰状及び記念品を進呈し、全社員の安全に対する意識向上を図り災害防止を推進します。
c.燃費向上により個人別表彰制度
・車輌別に平均燃費を設定し、平均より燃費が良くなった乗務員に対し表彰状及び記念品を進呈し、燃費に対する意識の向上を図ります。
d.セーフティトラッキングチャレンジ100達成者へ記念品進呈
・佐賀県トラック協会主催の「セーフティ・トラック・チャレンジ100作戦」に参加し、無事故・無違反達成者には記念品を進呈し、全従業員で交通事故を無くす取組みを行うとともに、安全・安心な職場環境の形成とプロトラックドライバーとしての意識の再確認を図ります。